犬サイトdogoo.com

犬の足が滑らない防止策、マットや滑り止め こじぃ さん

犬 足 滑らない マット 滑り 防止策 カーペット

中型Mix犬と暮らしています。
室内飼い犬の足が滑らないマットや、滑り防止策やグッズを探しています
フローリングの部屋に、犬が走るとツルツルと足が滑るのでカーペットを敷きました。2種類のカーペットを敷いたのですが、片方は滑ってずれ、もう1つは犬の毛がつきやすく掃除が大変です。

新しい物を購入する予定ですが、犬が滑りにくく掃除がしやすく商品が理想です。
滑り具合や掃除の簡単さ、商品の寿命は?よろしければ皆さんの体験談、オススメグッズを教えてください。

足の滑り防止グッズは、ジョイント式の吸着マット つるピカ さん

室内で3匹の犬(トイプードル、チワワ、MIX)を飼っています。
同じ部屋に3匹が集まると、かけっこしたり飛びつたり激しい遊びが始まるので、滑り防止の対策をいくつか試しました。結果と感想です。

【足の滑り防止グッズ 効果】

1〇 ジョイント式の吸着マット
1枚1枚のマットをつなぎ合わせるジョイント式のマットです。タイルマットと呼ばれることも。ハサミで簡単にカットできるので、どんな部屋でも設置可能。素材はコルクとカーペットの2種類あり。種類がないので部屋の模様にマッチしない、床一面に敷くと、部屋全体がちょっと安っぽく見える品もある(汗)
2△ 絨毯、カーペット
メリットは騒音対策、足音の軽減、音を吸収、冬でも暖かい。デメリットは爪がひっかかる、大きすぎて掃除が難しい。簡単に洗濯できないのでダニや臭いも心配。
3△ ワックス
ワックスを塗った当初は、滑り止めの効果があったけど、数日後には滑るようになった。
4× 犬にブーツや靴をはかせる
かつて犬が足を怪我したさいにブーツを購入。自宅にいるとき長時間も履かせ続けるのは衛生的に問題あり。 犬に靴を履かせるメリットとデメリット

ジョイント式のタイル・マットがお薦めです。
商品を選ぶときに、「吸着」タイプを選ぶと、フローリングの上にマットを置くだけで滑り防止になります。 マットを設置する場所によって、汚れや傷みが違うため、ときおりマットを置き換えたり洗濯しました。しかし数年すれば裏面も劣化するし、見た目も貧相になるので買い換えてます。

犬の足が滑らない防止策、床をリフォーム レン さん

我が家はM.ダックス多頭飼いで、関節脱臼や椎間板ヘルニアの予防のため、滑らない床は必要です。
いろいろと比較検討した結果、犬が過ごす部屋の床タイルをリフォームしました。
よく行く動物病院やペット美容室の床が綺麗かつ清潔で、犬が床を歩いても歩きやすそうなので、どの床材を使用しているのか教えてもらい、メーカーのパンフレットを取り寄せました。

【リフォームのメリット】

【ペット用の床材を作っているメーカー】

私が聞いたり、パンフレットを取り寄せ、検討した床タイル・メーカーの一覧です。
並びは会社名の順で、意図はありません。どのメーカー、どの素材を選んだかは伏せます。 カーペットを取り換えるのと比較すると、費用や料金はかかりますが、とても満足です。参考まで。

滑り防止策にパネル式コルク 泉屋 さん

うちは洋室部屋に、滑り防止策にパネル式コルクを敷いています
コルクは寒い季節は暖かいし、足元が柔らかくて、人間の足にも良いです。掃除も簡単だし、水もはじくし、毛も掃除機でサッと取れます。

当家は大型犬2頭なので、コルクがポロポロと剥がれるか不安でしたが、ほとんどありません。
ただ若干マットの端が反り返って浮いてきますので、カーペット用両面テープで押さえる必要があります。
コルクは金額が高いですが、将来的に何回もカーペットを買い換えたり、愛犬の将来の足や治療費を考えると、それほど高い出費ではないです。
ナチュラルな雰囲気の部屋には、インテリア的にもコルクをおすすめします。

ワックスでフローリングをコーティング あけひ さん

ワックスでフローリングをコーティングしました
ワックスでコーティングしたら、半年から1年は効果があると説明書きにある商品です。
コーティング前とコーティング後では、滑りづらくなり、滑り防止として一定の効果がありました。が、うちの犬は走るのが大好きで猛ダッシュするので、走ると滑ってました。

結局、半年後にはワックスを止め、滑り防止マットを何枚も購入し、犬が通る部屋や廊下に利用しています。ずれないように滑り防止のゴムをマットの下に敷いています。
ワックスでも専用業者に依頼すれば長い期間、より強い滑り止めの効果があるらしいですが、費用が高いのでパスしました。

滑り止めシートと滑り止めテープ かるび さん

犬の足が滑らない対策として、いま使っているカーペットの下に「滑り止めシート」と「滑り止めテープ」を利用するのも良いですよ〜
自分で好きな大きさに切れるし、いま使っているカーペットを再利用できます。けっこう厚手でしっかりしてるので、防音対策にもなります。うちはこれで犬の滑りを防止してます。

全くズレない訳ではないのですが、ズレは少ないです。
滑り止めシートのメリットは、カーペットの選択肢が増えます。安くて汚れたら捨てても良いかな〜と思えるカーペットも選べます。臭いはカーペットだけではないので、部屋全体の臭い対策をしています。 犬がいる部屋の臭い対策、安くて安全なペット消臭

パネルのマットも良いですよね。張り合わせるだけで簡単ですし、洗えるし・・
でも、つなぎ目の部分から水分が浸透してしまうので、粗相の多い犬は床にオシッコが染みてしまっていたという話を聞きます。 そして商品によっては、抜け毛が掃除機で吸い取りにくい物もあるので要注意です。 犬の抜け毛、楽に掃除するコツと便利グッズ

タイルカーペット、安いタイプで十分 バジル さん

我家ではフローリングの床に、タイルカーペットを使用しています。
子犬の頃は粗相をしても、部分的に洗えるのが良かったです。
大型犬なので、大暴れした時は多少ズレますが、端になる部分に滑り止めテープを貼ったら、小さなズレも防げるようになりました。

タイルカーペットは色々と種類があるので、何を選ぶか悩みますが、安いタイプで十分です。カーペットの毛足が短いほうが、掃除がしやすいメリットがあります。
ほつれないので、お部屋に合わせてカット出来るので便利です。