犬サイトdogoo.com

ペット保険いらない?デメリットやトラブルを教えて シーサ さん

ペット保険 犬 いらない 不要 デメリット トラブル

1ヶ月ほど前から、チワワを飼い始めました。
今は、病気も怪我もなく健康ですが、何かあったときのためペット保険の加入を考えています。
ペット保険に入る必要性は、保険会社のサイトから分かりました。その一方で、ペット保険はいらない、入らない、必要なし、デメリットやトラブルの情報がありません

いくつかネットで見てみましたが、メリットばかりの記述で、何が良いか悩み、本当にペット保険は必要なのか?不要じゃないかと考えもあります。
どなたか詳しい方、ココが良いココが悪いなど、ペット保険は何を見れば良いかお教えください。よろしくお願いします。

ペット保険のデメリット maru さん

人間の医療費は3割かつ高額療養費制度があるため、負担は軽減されます。動物病院で支払うペット用の医療費は、100%が飼主負担です。
手術や入院すると医療費は高額になります。そのときに必要なお金を用意できるか、数十万円もしかしたら百万円がすぐ用意できるなら、ペット保険はいらない必要ないかもしれません。

質問主さんの愛犬が手術や怪我の可能性は、誰にも分かりません。万が一に備えるのが保険です。
ペット保険の基礎知識、保険会社の特徴をよく比較し、より多くの情報を得て、ペット保険選びの参考にしてください。ペット保険の選び方、全15社の比較リスト

【ペット保険のデメリット】

1年間に支払う保険料と、補償される医療費
年間に支払う保険料の総額と、補償額について。 東京都の調査によると、犬の年間医療費は「3万円〜6万円未満」が最も多い回答です。 毎年負担する保険料と、ペット保険で補償される金額が見合っているかは、それぞれの事情があるため回答を得るのは難しいです。
2ペット保険は毎年更新。1年加入が一般的。保険料は年齢と共に上がる。
ペット保険の多くが1年毎の更新。年齢が上がると、保険料も高くなる。8歳以上のシニア犬になると、年齢制限で新規契約できない保険もあり。
3保険の補償範囲について

ペット保険の種類によって、補償する範囲が限定している。「入院、手術、通院」を補償するのか、料金を安くし「手術」だけに特化した保険もあり。 動物病院で支払うすべての料金を補償できない。補償対象とならない費用について確認を。

【補償対象外の例】

  • 既往症、先天性異常は補償対象外。すでに発症している病気や怪我には対応しない。 遺伝性疾患・病気があっても、ペット保険に加入できる?
  • 補償対象にならない医療費(ワクチン接種、健康診断料、避妊去勢の手術、予防からの歯石除去)
  • 出産に関わる費用は補償しない(出産、早産、帝王切開、流産)
  • 自然災害(地震、噴火、台風、津波)による傷
  • ワクチンで予防できる病気には対応しない
  • 飼主の故意、重大な過失によって負った傷や怪我
4保険事業者の違い
かつては〇〇ペット共済という名称でペット保険を扱う事業者もあったが、現在は制度的に損害保険会社か少額短期保険業に移行している。
今、日本では、ペット保険を扱う業者は15社(損保4社、少額短期保険11社)のみ。ネットで検索すると古い情報のページや、かつてペット保険事業を営んでいた業者サイトが表示されるので注意が必要。
5保険金の支払いトラブル

インターネットのブログやSNSでは、ペット保険会社から保険金が支払われない、医療費を請求したが全額払ってくれない、治療中の病気が翌年から保険適用から除外された等の投稿があります。
もし、保険会社との問題やトラブルが解決しない場合、会社との紛争解決の支援、和解案の提示などをサポートする団体があります。

・無認可共済について
無認可共済とは、2006年3月31日迄の間に存在した、保険業法又は諸般の法令で共済事業の別段規定の無い団体が運営する共済をいう。2005年7月の保険業法改正により無認可共済は保険業(免許)、少額短期保険業(登録)、特定保険業(届出)(2008年3月31日迄の時限措置)のいずれかに移行され、保険業の免許等が不要とされる例を除き制度上消滅した。
引用元: 無認可共済 - wikipedia

ペット保険は不要か?トラブルを避ける beko さん

独立行政法人「国民生活センター」に、ペットの相談事例としてペット保険が掲載されています。
トラブルを避けるためには、契約する会社の確認(損害保険会社?少額短期保険業者?)、契約前に契約書をよく読む、契約内容を把握するとあります。
保険は安い商品ではありません。契約すると長い期間、契約が続きます。
契約書をすべて把握するのは難しいですが、補償の割合、年間支払い限度額、更新可能年齢など基礎項目は確認しましょう。

・トラブルを避けるために
ペット保険は保険業法に基づいて、免許を持った損害保険会社と財務局に登録した少額短期保険業者が取り扱っています。商品により、対象となる動物、制限年齢、保険の対象から除外されている疾病、保険料の支払方法と保険金の受け取り方法、指定獣医制度の有無などの内容が異なります。
引用元: 独立行政法人 国民生活センター

Re:ペット保険いらない?デメリットやトラブル シーサ さん

回答ありがとうございました。
かかりつけの獣医さんには、ペット保険について、質問しづらかったので勉強になりました。
ワクチンプログラムが完了するまでには、ペット保険の加入問題を解決する予定です。それまで、じっくりゆっくり検討いたします。ありがとうございました。