犬サイトdogoo.com

ペットロス克服法、悲しみの乗り越え方.... (2/3)

4匹のペットロス、悲しみは乗り越えられる mond さん

愛犬の溺死で、自分を責める日々を送られていると思います。
私は今まで4匹の犬のペットロスを経験しました。
脳腫瘍を患い亡くなった犬、家族が見守る中で逝った犬、4歳という若さで心臓病発作により急死した犬、家族が外出中に息を引きとった犬、死と向き合えず自分を責めたり、もっと色々な場所へ連れて行けば良かった、もっと美味しい物をあげれば良かった、とほんの些細な事でも思い出し涙が流れ、後悔しました。
ですが、悲しみは必ず乗り越えられます。早く立ち直れることと、愛犬のご冥福をお祈りしています。

ムツゴロウさんの考え方、新しいペットを飼い続けて  モカとビット さん

私たち家族が12歳のモカ(トイプードル)を亡くし、ペットロスで落ち込んでいるとき、テレビで動物王国のムツゴロウさん(畑 正憲氏)がペットロスについての考え方を放映してました。
ペットロスの方に向け、「新しいペットを飼い続けてほしい」ということでした。

【ペットロス、ムツゴロウさんの教え】

1か月後には新しいトイプードルの子犬(ビット)を迎え入れました。
新しい犬ビットの世話に追われる日々、モカとビットは一緒じゃないけど、すきなオモチャ、すきな場所が同じで驚くことも。子犬のちょっとした行動や仕草から、亡くなったモカを思い出すことがあります。そんなとき『モカ!私たちは元気にやってるよ』と天国に向かって言えます。
ペットロスを克服し、家族がまた笑顔になれたのは、子犬ビットのおかげです。とても良い出会いに恵まれたのは、モカとビットが『心の遺伝子』で繋がっているからと感じてます。

【動画】犬を亡くしペットロスの男性へ、家族が送ったプレゼント

ペットロスから立ち直るきかっけとなった本 キャップ さん

「愛犬が死んだ・・・」。この事実を理解するまで、もがき苦しみました。
ペットロスによる悲しみ、後悔、絶望、無力感、失望感、強い精神的ダメージによる落ち込みから、抜けだせずにいました。 この悲しみがどこまで続くのか不安になったとき、親友からプレゼントされ、立ち直るきかっけとなった本を紹介します。
「ありがとう。また逢えるよね。ペットロス 心の相談室」 著:横田 晴正

本を読み涙が流れました。悲しみも流され心が温かくなりました。
愛犬が生きていた時の充実した時を思い出し、感謝の気持ちを強く確認できました。
私もそうですが、私よりさらに落ち込んでいた妻も前向きな気持ちになり、とても感謝しています。

後悔するよりも・・・ケイト さん

私も去年実家のわんこが亡くなりました。納得のいかない死だっただけに、今でもつらい思いをしています。
今はご家族で悲しみを共有する時ではないでしょうか。まだなく亡くなって日が浅いので、立ち直るなんて無理にしない方が良いと思います。思い切り泣いた方が良いです。
ご家族にとって愛犬の死は納得が出来ないと思いますが、後悔する事よりも、天国で幸せになって、いつか生まれ代わって、また大切にしてあげれるように元気を出してください。天国で愛犬もご両親の様子を見てくれていると思いますよ。あまり泣いてばかりいると天国にいる愛犬が心配しますよ。