犬サイトdogoo.com

ペットロス克服法、悲しみの乗り越え方.... (3/3)

犬は飼主の明るい顔が大好き ラズリー さん

今はただ、愛犬の死を思いっきり悲しんであげてください。
泣きわめいてもいいと思います。悲しみ、辛さ、喪失感、我慢せずに吐き出してしまいましょう。
お父さん、お母さんと一緒に、愛犬の死を惜しんであげてください。

でも、もう自分たちにはペットを飼う資格はないなんて考えないでくださいね。
いくら、自分たちを責めても、愛犬は戻ってきません。
犬って飼主の明るい顔が大好きですよね。愛犬のためにも、どうか自分を責めすぎないように。
悲しみはつきることがないと思いますが、もしまた犬と暮らしたいという気持ちになれる時がきたら、一日も早く新しいわんちゃんを迎える事をお勧めします。

動画を見て、ペットロスを乗り越える 天高く さん

私も数ヶ月前に愛犬が逝きました。
私がペットロスの悲しみを乗り越えるさい、心のよりどころになった動画「ふわふわのくに」を紹介します。
物語の主人公はネコですが、亡くなった愛犬がいつもそばにいると、信じる勇気が出ました。

【動画】ふわふわのくに

今の私は完全にペットロスを克服したとは言い切れません。しかし愛犬が亡くなり間もないころは、何を見ても泣いていたのに、今ではペットロスに関する多くの本や詩を読んだり、動画を見たり、ネットの情報を読み、少しつづ何か違ってくるのを感じます。
今すぐ無理して克服する必要はないです。苦しかったら、見なくてもいいですし、自分のペースでゆっくり時間をかけていいと思います。

愛犬はいつでもどこでも、私たちのそばに居て家族を見ている みなこママ さん

お父様お母様にとっては、事故数分前まで元気な愛犬の命が絶たれたこと信じがたいことでしょう。
さらに辛いのは、自責の念です。

ペットロスになった方の話で、命を亡くした心の傷は、命の輝きでしか取り戻せない。
あまり時間をおかずに、新しい命(子犬)を迎える気持ちになると一番いいのですが・・。

いま、ミレちゃんは、お父様、お母様、みんなの側にいます。そして悲しい顔をみて、寂しがっています。
命の短さを嘆くより、愛犬が家族になってくれた事を感謝しましょう。暖かな家庭に迎えられたミレちゃんも幸せであった事も忘れないでいましょう。

亡くなった愛犬の年齢を数え、私は供養する事も大切です。
お誕生日やクリスマスなどお話してあげるとワンちゃんも喜んでいます。心の整理を無理にする必要はないです。

もし縁があり、新しい犬と出会いがあれば、前を向き新しい家庭を作るのが、ミレちゃんへの供養になります。
しかし、今は泣いてもいい後悔でもいい、とにかく話を一杯しましょう。悲しい話だけでなく、いい子だった、お利巧だった、可愛かったミレちゃんの話を一杯する事です。

話す事は人が癒し、悲しみあ苦しみから解放される大切な事です。
今は質問主さんが、多くの話を聞き、気晴らしに旅行し、環境をかえるのも良い対処方法です。

もう一言だけ、犬はご家族が落ち込んでいたらどんな顔をしていたでしよう。悲しんでいたらどんな顔をしたでしょう。笑っていたらどんな顔をしていたでしよう。思い出して下さい。『愛犬はいつでもどこでも、私たちのそばに居て家族を見ている』そう思うのは大切です。

天使ママと天使パパ ビーグルママ さん

質問主さんや皆さんの書込みを読み、私も悲しくなりました。
ご家族の皆さんの心にぽっかりと空いてしまったものはどんなに大きい事でしょう…。

今は、泣きたい分だけ、たくさん泣いて下さい
「泣く」のは、亡くなった命に一番のご供養になります。
たとえ亡くなる瞬間にそばにいてあげられなかったとしても、泣きたい時は泣いて。。

そして、たくさん愛犬に話しかけてあげて下さい。
声に出してもいいし、声を出さず心の中でもいいです。ミレちゃんが大好きだったご家族の声は、お空に帰ったミレちゃんに届きます。。

実は私自身、昨年流産を2度経験しました。
初期流産だったので赤ちゃんの姿や顔はおろか、心拍さえも見れない時期の出来事。一緒に何かをした、お話したっていう思い出もないほどの小さな小さな命。でも、それでもやっぱり悲しくて悲しくて、1年経った今でも涙が出ます。

流産経験者の間では、私達のような者達を「天使ママ・天使パパ」と言います。 「お空に帰った天使は、いつかまた、私達を探し当て戻ってくる」と思い、前を向いてます。

お空に帰った愛犬も、いつかきっと飼主やご家族の声を探し当てて、新しい命に生まれ変わって戻ってきてくれます。
皆さんがおっしゃるように、きっとまた会えます。
愛犬のご冥福を、私もお祈りしています。