犬サイトdogoo.com

遺伝性疾患・病気があっても、ペット保険に加入できる? mirmir さん

現在、1歳6ヶ月で1.5kgのトイプードルを飼っています。
犬に遺伝性疾患、病気、持病、障害があっても、ペット保険に加入できますか?

先日、病院で健康診断をすると「膝蓋骨内方脱臼グレード2、環軸椎亜脱臼気味」が判明しました。
先生から「はなるべく早めの手術が良い」と薦められ、手術費用は両足で30万円ぐらい必要と言われました。
ペット保険に加入していないため、全額負担となるので、保険に加入できるか調べました。どの保険にも、支払い出来ない病気に含まれていました。

病気が判明した後、保険加入するのは無理でしょうか?環軸椎亜脱臼気味とも診断されたので、この病気も今後手術をしなくてはいけないのでしょうか?環軸椎亜脱臼は頭なので心配です・・・。

ペット保険に加入できません トリム さん

質問に対する答えは、ペット保険に加入できません
ペット保険に加入するさい、犬の健康状態、病歴について、ペット保険会社へ通告する必要があります。病院の診断結果、怪我、病気、通院歴などを隠蔽したり、虚位の報告をしたら、告知義務違反となります。

もし、ペット保険に加入できて保険料を支払っていても、保険料を請求するさい、違反となりペット保険会社から保険料の支払いを拒否されます。保険料の払い損になります。

保険に入る前、病気やケガは補償対象外 チワワっこ さん

ペット保険に加入できるか、できないかは、各保険会社が判断します。
質問主さんの犬は、保険に加入できる可能性はゼロではありません。
しかし、審査の結果、保険の加入を認められても、入る前の病気やケガは補償対象外のため、今回の病気や手術について、ペット保険で補償先を探すのは断念しましょう。

今回の病気以外について、保険の補償を検討するなら、ペット保険会社は15社あります。事情を説明し、各社に問い合わせるのが良いでしょう。ペット保険の選び方、全15社の比較リスト

・病気があっても加入はできますか?
保険加入前からの病気・ケガの継続治療は補償対象外となります。
引用元: アクサ損害保険株式会社

・加入前に健康診断は必要ですか?
補償開始前に発症していた傷病は補償の対象外となりますのでご注意ください
引用元: アイペット損害保険会社

保険の加入は無理 ちよ さん

お気持ちは理解できますが、保険の加入は無理です。
環軸椎亜脱臼は、頭というよりは首ですね。
パテラが直接の原因で、死ぬことはまずありませんが、環椎と軸椎は命に関わります。
いったん発症すると、かなりの確率で犬の生命にかかわるし、手術が成功しても回復にはとても時間がかかります。

質問主さんが、できることは、、、

病気がある犬は、保険契約できません 通りすがり さん

病気がある犬は、保険契約できません
そもそも保険は、病気が判明してから、加入するものではありません。
保険会社も商売です。人間の保険よりは加入調査がゆるいかも?ですが、もし嘘をついて入れても、直ぐに保険金を申請すれば相手も調査するでしょう。

いくつかの保険を見ましたが、加入条件には「健康体」である事などの条件があります。
ワクチンや先天性遺伝疾患は支払い対象外が殆どです。
膝蓋骨脱臼・環軸椎亜脱臼共に遺伝性疾患です。
遺伝性でない(例えば交通事故などで強い衝撃が加わり発症)と言う事が証明出来れば保険の支払いも可能になるかもしれませんが、あくまで加入後に発生した場合でしょう。