犬サイトdogoo.com

ペット傷害保険の選び方、犬が噛んでケガした補償 ぷりんママ さん

犬 ペット 傷害保険 選び方 噛んで ケガ 補償

自分の犬が加害者となる傷害保険、損害賠償保険に関して、保険の選び方などアドバイスを願います。
ペット保険会社のサービス「賠償保障」プランが気になっています。ペットが他人や他の犬に噛みつき怪我をさせた場合、被害者へ補償金が保険会社から支払われる保険です。

【状況と今の対処】

過去に、近所のオス犬(日本犬)が、鎖の根元が外れたらしく鎖を引きずったまま、こちらに走ってきました。そのまま押し倒されて両腕・両足を噛みつかれ、4針縫う怪我をし被害者となった経験があります。 我が家にも、日本犬ミックス(メス)がいます。このような経験から、もしもの備えにペット保険(損害賠償)を検討しています。。

知人から紹介されたペット保険は、月々数百円の掛け金で、最高7000万円までの補償が付くというのです。注釈に「契約者またはその家族の故意又は、重大な過失による共済事故に対してはお見舞金のお支払いが出来ません」とあります。補償金はいくら必要か?何を基準に保険を選べば良いですか?
「ウチの犬、ひょっとしたら人を噛み怪我させる可能性もあるかも?加害者になるかも?」と悩まれている方、加害者としてペット保険の選び方を教えてください。

ペット傷害保険、保険リストと注意する点安全カエル さん

飼犬が他人や犬を噛んで怪我をさせた、飼犬がペットショップで走り回り商品を破損した、飼犬が人に飛びつきカメラや高級時計を壊した...など、 飼主(加害者)が被害者へ補償する保険は「個人賠償責任保険」があります。
ペット保険会社が医療保険に付帯し傷害保険を販売していますが、自動車保険や火災保険など付帯したり、クレジットカード会社が提供する保険もあります。 掛金が数百円から数千円と小さく、いざというとき飼主さんに変わり、加害者との交渉も引き受ける(示談サービス)もあります。

【個人賠償責任保険の種類と加入方法】

  1. 自動車保険や火災保険に特約として追加で契約
  2. 傷害保険に新規加入、損害保険会社・ペット保険
  3. クレジットカードの付加サービス、傷害保険プランを追加で契約
1自動車保険・火災保険に特約として追加
自動車保険や住宅の火災保険などを契約している方は、セットとして「個人賠償責任保険」が含まれるか内容を確認します。
特約として「個人賠償責任保険」があれば、ペットが人を噛んだ、怪我させた、物を壊した、保険適用される可能性があります。
メリットとデメリット:追加の保険料金は数百円だが、本契約となる自動車保険や火災保険の契約が必須条件、年換算で数万円が必要。
2傷害保険に新規加入
損害保険会社(または保険代理業者)が販売する「個人賠償責任保険」に新規加入する。 メリットとデメリット:保険料金は数百円〜数千円と幅がある。安い保険は、銀行口座の開設やネットサービス利用が条件。
保険の名称 費用(月額) 補償額 示談交渉 加入の条件
楽天銀行 少額あんしん保険 140円 1億円 あり 楽天銀行に口座開設
Yahoo!ちょこっと保険 140円 1億円 あり Yahoo!ウォレットに登録
3クレジットカード 傷害保険プランを追加
クレジットカードに付帯する個人賠償責任保険の有料サービスです。クレジットカードを作り、入会後に保険プランを追加し加入します。 メリットとデメリット:保険料金は数百円と安い。クレジットカードの会員が条件。
カードの名称 保険名 費用(月額) 補償額 示談交渉
三井住友カード ポケット保険 130円 1億円 あり
JCB カード トッピング保険 150円 1億円 あり
NICOSカード ハンディー保険 150円 1億円 あり
エポスカード エポラク傷害保険 250円 1億円 あり
AEONカード ネットでかんたん保険 260円 1億円 あり

【傷害保険の選び方、注意する点】

補償金額はどれも1億円ですが、事故後に被害者との補償金額を決める交渉を、加害者本人がするのかそれとも弁護士が代理でするのか、とても重要です。 いま個人賠償責任保険は「示談サービスあり」が多いですが、ひと昔前の保険は「示談サービスなし」が主流でした。

被害相手と勝手に交渉した場合、双方が納得しても、保険会社は全額を払ってくれません。 何を補償するのか、補償する金額はいくらか、弁護士が加害者に変わり交渉する「示談サービス」は、必須条件とすることをお薦めします。

犬の事故、必要な補償金額 チワワとダックス好き さん

必要な補償金額について、過去に加入したのが低い補償金額だったので、保険を乗り換えました。 自分の飼い犬が加害者となり、他人や他の犬を傷つけたり、または噛み殺してしまった場合、必要な慰謝料、補償金、賠償金は以下の範囲です。
※注 おおよその目安、飼主の過失や状況に応じで金額は変化します。

【犬の事故、必要な補償金額】

我が家は小型犬なので、噛み殺す可能性は低いですが、突然、飛び出し相手が転倒し、大怪我させる危険はあります。
怪我だけで済む可能性もゼロじゃないので、補償金額を安心できる額へ増やせる保険へ変えました。

・犬避けて転倒 飼い主に1280万円賠償命令
大阪地裁であった。塩原学裁判官は「散歩させる際に、犬をつないでおく注意義務を怠った」として、女性に約1280万円の支払いを命じた
引用元: 毎日新聞2018年3月23日

- 1975(昭和50)年に大阪市西成区で起きた飼い犬(闘犬)が近所の幼児(当時3歳)をかみ殺した事件では、飼い主の被告に、約980万円の損害賠償金の支払い(略) 1978(昭和53)年、茨城県水戸市で飼い犬の秋田犬が通行中の少女(当時5歳)をかみ殺した事件では、飼い主の被告に、約1,460万円の支払いが命じられています。
- 被害者の年齢や収入状況によっては、1億円を超える賠償金が課されることになってもおかしくありません。
引用元: 榎本税務会計事務所

・愛犬が噛み殺された。慰謝料はどのくらい
犬が(噛まれたり、交通事故で)死んだことの慰謝料は10万円から30万円くらいです。最近、慰謝料50万円(噛まれた飼主の通院慰謝料を含め)を認めた判例もあります。
引用元: 損害賠償請求事件事例集 - 弁護士 河原崎弘

保険がなくなる、無保険に注意 黒と白いアヒル さん

個人賠償責任保険は掛け金が数百円の格安で、利用者にとっては良いですが、保険会社にとっては利益を出しづらいのか、突如、ペット傷害保険を終了することがあるので注意してください。
ペット医療保険に加入すると、特約として傷害保険(個人賠償責任保険)も提供している会社がありましたが、今では傷害保険の募集受付を止めてしまった保険会社もあります。クレジットカードの特約としてあったペット傷害保険サービスも、カード会社の都合により廃止中止するのが過去にあります。

または個人のうっかりで、知らずに保険契約を解約することもあります。
「自動引き落としされる、銀行の口座へ入金を忘れた」「個人賠償責任保険の契約を忘れクレジットカードを解約した」などなど。

過去に私は、傷害保険を止めた保険会社からの通知に気づかず、保険未加入の状態に気づき慌てて入り直したことがあります。ペット保険を募集する窓口は違っても、保険を引き受ける会社(損害保険会社)は同じだったりします。
毎月支払う保険料に目が留まりますが、お金の払いやすさ、保険会社からの通知を確認する方法、保険会社の信用性なども考慮にいれて、保険選びをすると良いです。

個人賠償責任保険の重複は損 ネコ金魚 さん

犬の傷害を補償する保険、個人賠償責任保険は、多くの保険に付帯されています
自動車保険、傷害保険、賃貸の人は火災保険、分譲マンションに住んでいる人は管理組合が一括で個人賠償責任保険に加入していることもあります。

複数の保険に重複加入しても、事故で100万円の支払いを求められたら、各保険会社から100万円づつもらえません。すべての保険会社から合計の金額が100万円になります。重複で保険に加入しても、実損分の合計100万円しか補償されません。2つの保険会社と契約していれば、それぞれ50万円づつです。
保険料の無駄が発生するだけでなく、補償支払いの請求手続きは、契約している保険会社の数だけ増えます。

なお、すでに加入している個人賠償責任保険の補償金額が低かったり、示談交渉サービスがない、などの理由がある場合、重複し保険に加入するのがベターです。

保険も大事だが、日頃のシツケ 犬タグ さん

いざのときのため保険も大事ですが、事故や事件を防止する日頃からのシツケが大事です。

ちなみに私は、クレジットカードに付帯した個人賠償責任保険に加入しています。

Re:ペット傷害保険の選び方 ぷりんママ さん

ありがとうございます!
ペット専門の保険会社に限定せず「個人賠償保険」も、検討しますね! カード会社や損保について、色々資料を集めて考えてみます!そして犬のシツケも頑張ります。