犬サイトdogoo.com

コングを長持ちさせる方法、正しい入れ方とオススメ食材 メヒコ さん

犬 コング 長持ちさせる 方法 食材

デンタル・コングが長持ちする方法や、入れ方、食材選びのコツを教えてください。
犬は、餌やオヤツが入ったコングに興味を示しますが、食べ終えコング内が空になると、全く興味を示しません。

【状況と今の対処】

飼い犬はトイプードル(3歳メス)です。
犬が喜び長持ちするオヤツを探しています。留守番や来客の時、暇つぶしに犬へコングをあげています。
知人から薦められたペットグッズ「コング」を購入し、中にオヤツを入れて与えます。餌の入れ方が悪いのか、慣れてしまいすぐに食べ終え飽きてます。

コングへの興味を長持ちさせるコツ クロサワ さん

コングを、犬のオモチャや留守番グッズとして、愛用しています。
コングへの興味を長持ちさせるコツは、コングに入れる食べ物のサイズです。コングのなかに強引に食材を詰め込む。犬が簡単には取れないサイズの食べ物を入れます。うちの犬は、数時間ほど格闘しています。

かつて、コング専用ペーストを購入しましたが、コング内に残ったペーストを洗うのが面倒で止めました。
いまは、大きめに切った野菜やコンニャク・グリニーズを入れて与えます。犬のダイエットに、コンニャクを食べても大丈夫?

コングを長持ちさせるコツ、入れる方法 サム さん

コング内に小さめのドッグフード入れたり、内側にコング専用ペーストを塗ったの効果はありましたが、時がたつと慣れてすぐ食べきってました。
そこで、留守番するとき、コングで長く遊んでほしいとき、コングに入れ方や食材を工夫しました。

【コングに食材を入れる方法】

  1. 大きめのオヤツやジャーキを、コングに挿入する。ゴム製のコングを手で握り潰し、簡単に取れない・抜けないように突め込む。
  2. 次に、コング内の空いたスペースへ、小粒のドッグフードを入れる。
  3. お湯や水でふやかしたドッグフードを、コングに詰め込み、コングの入り口をふさぐ。
  4. 食材に詰め込んだコングを、冷凍庫で凍らせる

デンタルコングの公式サイトに、使い方が紹介されています。*1
コングを洗う方法は、家族が使い古した歯ブラシを使っています。

【動画】コングに食材の詰め方

*1 コングの使い方
・ステップ1
- ドライフードや小さめのおやつをそのまま数粒入れる
- ペーストをコングの内側に塗る
・ステップ2
- コングの口径と同じか、少し大きなおやつを入れる
- コングにジャストフィットのコングジギースなら、簡単に手に入り、抜けにくい
・ステップ3
- 大きさ、硬さ、長さ、ドライ/ウィットなど、色々なフードやおやつを組み合わせる。
- 暑い時には、フードやおやつを詰めたコングを冷凍庫で凍らせる

引用元: http://kong-jp.com/(リンク切れ)コング KONG公式サイト

デンタルコングの中に、犬用の歯みがきペースト ぽち さん

我が家もトイプードル(2歳)を飼っています。
デンタルコングの中に入れるおススメは、犬用の歯みがきペーストをコング内に薄く塗ります。

コング内にオヤツやフードを入れる使い方もしましたが、すぐに食べ終わりあきる(苦笑)
次に、コング専用ペーストを試したが、カロリーが高い理由で、止めました。
そこで、歯磨きペーストを塗りつける方法にしました。

私が使用する「犬用の歯みがきペースト」犬の好きな香りがついています
普段からブラッシングや歯みがきの後に、ご褒美代わりに少しだけ与えますが、喜んで舐めます。

コングの奥に塗ると、舌が届かないため、長い時間、夢中です。
途中で疲れて寝てる時もありますが、私が帰宅しサークルから出すと、またコングをくわえて舐め始めます。かなり長持ちします。

留守番は好きじゃないけど、コングが嬉しいのでコングを用意すると、尻尾ブンブンで自らサークルの中に入り、「早く〜!」っと喜び催促します。
出かける時には、コングに夢中で、私には見向きもしません。

私が主に使用する歯みがきペーストは「ビルバック 歯みがきペースト チキンフレーバー 」です。
ときたま、ライオン社「歯みがき チキン風味」も、使います。

チーズをペースト状、コング内側にぬる 花 さん

うちでは、チーズをペースト状にして、コング内側に塗ったのを与えています。
うちの犬は短鼻かつ舌も短い犬種なので、コングの奥まで届かないので2〜3時間はチビチビと舐めたり噛んだりして遊んでいます。 犬がチーズを食べても良いの?量は?

Re:コングを長持ちさせる方法 メヒコ さん

レスありがとうございます。
早速、コングの中に食材をぎゅうぎゅうに強く詰め込んだものを与えると、長いあいだコングに興味をもち遊んでいました。
これから食材を替え、犬の遊びや興味が変化するか試します。